ケトジェニックダイエットで痩せました

ケトジェニックダイエットが話題になっています。

このダイエットは、主に糖質を摂らず、その代わり脂質やタンパク質をしっかりと摂っていきます。

そのため、ダイエット中は敬遠しがちな、脂身の多いお肉などがたくさん食べられるのです。

グラマラスパッツには副作用がある?

糖質を摂らなくなると、体の中でケトン体というものが作られ、それがエネルギーを消費してくれます。

主に脂肪を燃焼させてくれるので、食べても痩せていくという仕組みです。

糖質の代わりに、脂質の多い食べ物を食べるため、ほとんどお腹がすきません。

ダイエット中は、空腹感との戦いになることがほとんどですが、ケトジェニックダイエットでは空腹感が起こりにくいです。

ここで、私がケトジェニックダイエット中に食べていたものを紹介します。

肉、魚、卵、チーズなどです。

肉は、脂身の多いバラ肉やロースなども問題なく食べられます。

魚は、サバ、ブリ、イワシなどを食べていました。

また、卵やチーズなども糖質がほとんど含まれていないので食べられるのです。

ケトジェニックダイエットは、糖質さえ摂らなければ、どんなものでも食べてOKとなっています。

もちろん糖質が摂れないので、砂糖を使ったお菓子やジュースなどは飲めません。

さらに注意点として、調味料にも注意しましょう。

醤油やポン酢、塩、マヨネーズなどは大丈夫ですが、ケチャップ、ソースなどは糖質が含まれているのでNGです。

野菜は葉物野菜なら食べられますが、カボチャ、芋、人参などは、糖質が高いので止めましょう。

糖質さえ抑えていれば、ストレスなく食生活が送れるので、メリットもたくさんあります。

私は、このダイエットをして1カ月で5㎏の減量に成功しています。

気になった方は、ぜひ、ケトジェニックダイエットを試してみてください。

きっと、スルスルと痩せて驚くはずです。

私が9キロ痩せた方法

私は現在ダイエット中ですが、学生時代は身長153センチで体重は60キロくらいありました。

現在は体重51キロ前後でマイナス9キロのダイエットに成功しました。取り組んだ方法は、食事改善、ウォーキングや筋トレなどの運動、痩身エステです。

まず食事改善を行いました。以前は、食べる量は少ないものの、割とジャンクフードや丼物やスナック菓子などの高カロリーな物を好んで食べていました。食べる食材を温野菜や豆腐や納豆、魚などヘルシーな食材に変更し、夜8時以降は食べないようにしまし、間食は控えました。

食生活を変えることで5キロほど割とスムーズに体重を落とすことに成功しました。

運動に関しては、毎日一駅分30分歩いて通勤しました。運動する習慣がなかったので初めは辛かったですが、毎日続けていくうちに、8000歩を目標にしていたので達成感を味わえるのが面白くなり、じんわり汗をかくのも心地よくなっていきました。また、寝る前に腹筋を50回とストレッチをしていました。腹筋は毎日続けるのは難しかったのですが、疲れた日や眠い日でもとりあえず、1回はする!とハードルを低く設定して取り組むことで、継続することができました。

痩身エステでは、骨盤の歪みを整えてもらったり、マッサージをしてもらったり、食事のアドバイスをもらってサポートしてもらいました。やっぱり誰かに管理してもらうことで頑張ろうと思えました。

時間はかかりますが、今のところリバウンドなしで成功しています!あとマイナス5キロ目指して頑張ります!

ダイエット、それは自分と向き合う事

もともと、ぽっちゃり系で自分に甘い私は、ダイエットをしても長続きしない。

すぐに、また明日から、というのが口癖。一番短いもので1日。しかも、りんごダイエットで1日中、りんごしか食べないというもの。

実質的に続くわけない。次にやったのは、朝バナナダイエット。朝、バナナを食べるだけで、痩せるならと飛びついた。でも、もともと朝は食べない習慣だったせいか、体重はあまり変わらず、バナナもあまり好きではないため、すぐに飽きてしまった。

やっぱり、食事制限には、無理があると気づき、始めた運動。夏も近くて、すっかり暑くなったせいもあり、近くのジムのプール会員になりました。暑い夏の間は、プールで泳ぐことも気持ちよく、との珍しいのもあり、夏の間は続いた。

そして、初めてひと月足らずで、6キロ落ちた。体重が落ちると、嬉しい。服もワンサイズ違うし、何より自信になる。でも、夏が過ぎ、寒さが増す冬に差し掛かる頃には、水泳やめてしまった。

週に3回は通っていたのに。そして、年が開ける頃には、なんとリバウンド、6キロ痩せて、8キロ戻った。こうして、ダイエットとリバウンドを繰り返し、体重は一年で数キロ単位で増えていき、体重はマックス84キロ。もう、デブと言われても仕方ない、領域だった。甘いものわ油もの、お酒、大好き。食べること大好き、怠けること大好き。そんな自堕落な私に突然、ばちがあたった。

ある朝、起きたら、左のみぞおちが痛い。病院に行くと、急性膵炎と診断され、即入院。二週間ほど、絶食させられ、5キロくらい痩せた。そして、食事制限をさせられた。さすがの私もあの痛みに懲りていたので、しばらくは食生活に気をつけ、体重も15キロマイナスとなった。

が、ストレスを溜めると、食に走ってしまい、暴飲暴食の二の舞。またまた、体重はマックス84キロ。そして、再び膵炎に。どうやら体質的に84キロになると、膵炎を起こすらしいと。このまま行くとやばいと思い、心入れ替えて、食生活を変えました。糖質、炭水化物は控えめに、野菜と魚中心の生活、お酒はやめる。甘いものも週に一度だけ。

油ものは、膵臓に悪いので極力避けました。膵臓に優しい、膵臓のための食生活。体重はそれだけで、10キロ痩せた。毎日、朝、晩二回体重計に乗ることを日課とした。駅まで、歩いた。そして、ホットヨガを始めた。

月に一度、新しい服を買うことにした。そしたら、体重は18キロ痩せ、今ではキープ出来ています。体重計に乗り、自分と向き合うことで、自分を甘やかさない、ダイエットに成功。綺麗になれたのでオシャレも楽しくて、自分に自信を持つことができました。

やっと成功したダイエット方法。

初めまして。39歳男性会社員の既婚者です。私は今までダイエットをするにあたり運動をすれば必ず痩せると思い込んでいました。

毎日歩いたり、ダンベルで筋トレしたりといったことを行いましたが、効果はまるでなしでした。当時は85キロで目標は70キロ以下を目標にしてました。全然効果がなかったのでやっても面白くなかったです。そして、食生活を変更しようと食べるものを変えました。

今までは昼食と晩御飯の2食生活でした。今もそのスタイルで食事内容を変化させました。昼食をサラダのみとし、晩御飯をごはん抜きのおかずのみとした食生活にしました。プラスで2日に1回は筋トレを行う。そして毎日ホエイプロテインを摂取するといった内容です。結論ですが、1カ月で68キロまでおちました。

そして食生活を昼食はサラダスパゲティとして晩御飯は普通に食べる。お菓子も食べる。といった生活を現在送っていますが、結論は半年たった現在も68キロをキープしてます。ダイエットに必要なのは生活習慣の変更をしてそれがライフスタイルになるまで行うという習慣の改善との戦いが必要になります。しかし、固く考えずに日々楽しみながら行っていれば必ず体は変化します。

フィットネスジムに通ってダイエット

ダイエットをせずにこのままの状態が続くと、生活習慣病になると私が言われたのは、まだ若い15歳で高校に入学したばかりのときでした。

私が入学した高校は、地元では進学校としてけっこう有名なところで、毎年のように東大や京大に何人も合格者を出しているほどです。

しかしそうした高校に入学するために、一定以上の勉強量を確保しなければならず、勉強が嫌いな私には大きなストレスになっていました。

ストレスは肥満の原因になるとよく言いますが、私にはぴったりの言葉で、たった1年間で15キロも体重が増えたのです。

そうした状況で動き出したのが母で、母は私を近くのフィットネスジムに半強制的に通わせました。

フィットネスジムは私にとって、中高年の人が通うところだと思っていたので、私は通いたくなかったのです。

ところが実際に通い出すと、若い人もかなり通っていて、同じようにダイエットを目的にしている数人とも親しくなりました。

するとお互いに競争意識が芽生えだして、私は積極的にフィットネスジムでトレーニングをするようになりました。

またそのフィットネスジムでは、ダイエットに効果的な食事指導もしてくれたので、それも取り入れるようになりました。

結局はフィットネスジムに6か月通っただけで、私の体重は10キロ減っていたので、その効果の高さに驚いています。