シミ取り体験

20代の頃から両頬のホホ骨あたりにシミができ始め、歳を重ねるごとに濃くなっていきました。

最初は肝斑かなと思い皮膚科に行きましたが、皮膚科の先生はパッとみて、あーこれただのシミだね、と軽く言われて即診察が終わりました。

あの一言のためだけに診察料を払い、虚しい思いもしました。

モイスポイントの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトも紹介します!

この診察で傷ついたのもあり、シミ取りに行くことを決心しました。

ずっと気にして、お化粧する時はシミを隠していたので、綺麗に取れたらどれだけ嬉しいか。

綺麗にとれることを期待して、いざシミ取りへ。

両頬一度にレーザーで焼きました。

けっこうチクチク痛いんですね。

でも、綺麗になるならと我慢しました。

そして、ここからが大変でした。

不思議な絆創膏をはり、1週間はそのまま。

膿がでてくるのをその絆創膏で覆って、焼けた皮膚を修復するようです。

大きなシミだったので、範囲も広く、多量の膿で絆創膏はぷにぷに、笑ったりするとプチっと隙間ができて膿が漏れ出る。

早くとりたくて仕方ありませんでした。またその間シミが本当に取れているのかどうか確認できず、そわそわした気持ちのままでした。

いよいよ剥がす日が来ました。

とってみると、全部綺麗に!と言うわけにはいきませんでした。

どうやら大きい濃いシミは、2回、3回やらないといけないみたいです。

綺麗になくなっている部分もあるので、次またレーザーで取れば、完全に綺麗になるのでは、と期待したいます。

ただコロナ禍となり、2回目のシミ取りに行けてないのが現状です。

早く行って、シミのない綺麗な肌を手に入れたいです。

にっくき鼻の黒ずみ

私のお肌の悩みは、鼻の黒ずみです。

アスハダの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

中学生頃から気づけば私の鼻の毛穴は黒ずんでおり、母親が「鼻が黒いね」と言ってぎゅーっと私の鼻を押して毛穴の角栓を出そうとしたことをきっかけに、自分でも気になり始めて、その頃流行っていたはがすタイプのシートを使ったり、指で触ったり毛穴を押したりしているうちにどんどんひどくなっていってしまいました。

はがすタイプのシートはよくないと周りから聞き、それはもう使わなくなりましたが、クレンジングを頑張っても、洗顔を頑張っても全くよくならず、もうこれはダメだな、とあきらめていた時期もありましたが、やはりすっぴんの顔を見るたびに「はぁ、、、」と落ち込む自分もいやで、ネットで検索してチャレンジしてみるもやはりなかなか効果がなく、本当に毛穴が目立たない人が羨ましいです。

すっぴんに自信が持てず、こんな鼻が黒い自分は結婚もできないのではないかと不安に思っていましたが、なんとかこんな自分を受け入れてくれる相手と巡り会えて結婚することができたので、そこはほっとしています。現在はふきとり化粧水や高めのクレンジングを使用していますが、あまり効果は感じられていません。しかしまだ諦めず、少しでも目立たなくなるようにしたいと思っています。

周りの人に痩せたね!と言われるようになった時にしていたこと

私は高校生の時52キロ台をキープしていました。

53キロの時代もありました。グラマラスパッツ

20歳くらいまでその数字でした。

そこから46キロ台まで落とすことが出来ました!

まだまだ途中ですが、その時にしていたことを紹介します!

まずはとにかく歩くです!

インターネットで検索したらもっと楽に痩せれる記事は沢山あると思います!

食べる量をそこまで減らせないなら動くしかない!と思って歩いていました!

20分歩き続けると脂肪燃焼を始めると聞いたので、最低でも30分は歩くようにしていました!

どうしてもやる気が出ない日は20分の時もありましたが、(笑)

最初はめんどくさかったのですが、2週間くらい続けると、自然と歩かなきゃ!と思うようになりました!

わざわざ家から出て歩くのはめんどくさいと思う日もあるので、仕事帰りにちょっと遠回りをしてあるく、電車通勤・通学の方は1駅、2駅前で降りて歩くのも立派なウォーキングです!

私は家から近い所に就職したので、歩いて行って、帰りに遠回りをするという方法をよくしています!

休みの日に電車に乗って出かける時は、定期がないため電車代節約も兼ねて、地下鉄の最寄駅から2駅先まで歩いてから乗ったりしています!

それでも気が向かない日もあります!

そんな時はテレビなどで活躍する女優さんやモデルさんはやはりジムに通ったり、食事に気を付けたりと、綺麗な方は何かしらしているんだ!楽に痩せる方法なんてない!と自分に言い聞かせていました(笑)

スマホのロック画面を憧れの人に変えるとかもしていました!

ウォーキングは運動負荷が弱いので、即効性はありません。

始めた頃は思うように体重が落ちなくて嫌になることもありましたが、やらないよりはマシ!と思い続けてみました!

体重が落ちなくても、体脂肪率も気にして見ているとそちらは下がってきたりしてそれもまた、モチベーションに繋がって行きました!

2.3ヶ月すると、面白いくらいに体重が落ちていくのが分かりました!

毎日の体重をダイエットアプリなどで記録しているとよく分かると思います!

もう1つは、家で軽く筋トレです!

ジムに行ってガチな筋トレをするのは私には向いていませんでした(笑)

筋トレと言っても20分、30分もやるのではなく、寝る前に50回腹筋したり、スクワットを40回したり、その程度です。

時間にしたら5分無いぐらいだと思います!

YouTubeなどで自分に合った筋トレを探してみてください!

最初はやっぱりキツかったです。

ですが、少し体脂肪率が落ちた!など効果が出てくると自然とやる気になってきます!

これも2週間くらい頑張って続けるとやらなきゃ!と思うようになるので、まずは頑張って2週間やってみてください!

お金を払ってジムに行ったり、ネットで調べて楽して痩せる◯◯抜きダイエットや、ある特定の食材を多く摂るようなダイエットも沢山試しましたが、どれも続きませんでした。

何年もかけて太ったものを短期間で落とせるはず無いんだと気づき、リバウンドしないように1年というスパンで少しずつ落としていきました!

結果、友達や家族に痩せたね!と言われるようになりとても嬉しかったです!

まだまだダイエットの途中ですが、自分にはこれが一番合っていて、なんだかんだ、コツコツ続けるのが一番のダイエットの近道なんだと気付きました!

皆さんも、無理のない程度にやってみてください!

絶対毎日やらなきゃ!と縛り付けるのも良くないので、たまにはお休みがあってもいいかと思います!

アラサーになったお肌の悩み

女性のお肌の悩みは尽きませんが、、http://www.genevievesimms.com/

今気になるのはほうれい線とシミと毛穴とクマです。

1年ほど前の28歳くらいから、今までは気にしたことがなかった目元口元の笑い皺が急に気になり始めました。

アパレル販売員をやっていた為、笑い皺は出来やすく仕方がないと思ったのですが、同年代の子供を産んだ友達よりも笑い皺が目立っていることに気付き、かなりショックを受けました。この時まではエイジングケアなんて40歳手前くらいから使う物!と思っていましたが、調べてみると20歳後半からお肌の老化は始まるとのことで、すぐにエイジングケア用品を買いました。

それを使って1年以上経ちましたが前ほど気にならなくなり成果を感じていたら、次は目元あたりのシミと毛穴とクマが気になるように…。エイジングケア用品だけでは毛穴やクマはケア出来ないので、何を買うべきかどれを使えば良いのか迷っています。

主婦でなるべくお金はかけたくないので、目元のマッサージでクマを少しでもなくそうとしたり、コンシーラー厚めに塗ってみたり…。外に出る時はマスクをしたとしても日焼け止めを塗ってみたり(よく忘れますが)。薬局で買える?1,000くらいのものを試してみたりしています。

高ければ良い訳でもなく、全て試せる訳でもないので、劣化しないように日々戦いです。

オリーブ油の効果効能

天ぷらやコロッケなど揚げ物が好きな人も多いと思います。私も好きですし、時々無性に食べたくなる事もあるのです。過食は胃もたれの原因になりますがきれいに揚がっているのを見ると食欲をそそられるでしょう。

その揚げ物ですが、サラダ油を使いますか、それとも別の油を使いますか。サラダ油より健康にいいとされる油もいくつかありますね。今回はオリーブ油の効果を紹介します。

グラマラスパッツの口コミと効果を完全レポート!副作用の危険性も調査してみました!

オリーブ油にはオレイン酸という成分が含まれるそうです。これが悪影響を与えるとされる物質に有効の様です。

悪玉コレステロールを少なくし善玉を増やすのもその一つと言います。これにより高血圧や糖尿病など生活習慣病を予防する事が出来ます。

次に、オレイン酸には満腹感を得られやすくする効果があるそうです。食前にオリーブ油を摂る事で過剰飲食を予防出来るでしょう。

さらににきびや出来物を改善する効果もある様ですよ。これはクロロフィルという成分が関係するそうです。

ちなみに、オリーブ油は熱や光に弱いという性質を有します。透明なビンに入れたり熱のこもりやすい場所で保管するのはお薦め出来ません。日の経過に連れ品質は劣化し、健康への効果も失われます。

オリーブ油には様々な効果があり、料理以外にも使用可能です。しかし、遣い方を間違えれば逆効果になる事もあるので注意が必要です。

肌はきれいにする、しなきゃいけない

私が中学生の頃は、ニキビ肌荒れで悩んでいた時期です。皮膚科病院に常に通い続けなきゃいけない日々が続いていました。もともと肌・首元まで敏感肌で、自分が嫌になってきます。肌が汚いことで悩んでいるなら、とにかく皮膚科は受診すべきです。大体、飲み薬塗り薬を取り入れながら、ちゃんと規則正しい生活をしていけば改善されてゆきます。

http://www.deepklassified.com/

肌は汚いよりか、キレイな肌にしたいに越したことはないです。日焼けでごまかすという手も考えたこともありますが、健康上によくないです。でも私の場合、水分・とくに清潔とされている水をなるべくとるようになってからは、肌があれることは少ないです。

長時間の睡眠も必須だと思います。ただ最近は肌の悩みというより、二じゅうあごにならないか心配しています。私はひげが少し濃い方、体は太り気味なので、コンプレックスが多い方だと思います。幸いマスク着用で、顔の悩みはある程度解決はできます。しかし地道に努力してダイエットしたり、脱毛サロンなどしないと未来は悪くなるかもしれないと思ってます。

水を飲むだけでなく、運動ウォーキングくらいはしなきゃいけないです。しかしなかなか実行にはうつせないです。汗をかくことでメリットになる部分はたくさんあることは知っています。結局すぐ実践できる・継続しないとだめなんです。肌と関係あるかは分かりませんが、もし自分の体臭に違和感を感じたらシャワーは毎日浴びたほうがいいと思います。以上です。

私が行う体重増加時のルーティンと内容

私が行う体重の減少法は、
・食事の量を調節すること。
・食事の内容(主に糖質制限)
です。

特に運動はしていませんが、1.2キロでしたら苦労なく減らすことができます。

http://www.albertocorralarquitecto.com/

平日の朝食はだいたい毎朝6時30分ころなのですが、糖質を含む食事は出来るだけ食べません。
お味噌汁に卵か納豆、それに野菜があれば、という位の量です。
朝から食べる量が少ないので、9時頃にはお腹が空いた感覚が始まります。

お昼には食べるものは制限せず、食べたいものを食べたいだけ食べます。
麺類がとても好きなのでバカ食いか?というほど食べることも。
12時に昼食をとると次の食事まで最大9時間空くこともあるので、仕事終わり時のお腹の具合はちょうど良いときもあります。

13時過ぎに食べて仕事終わりが7時30分の場合はお腹が空いていないので、もちろん炭水化物を含む糖質は食べません。

おかずやお刺身とお酒を飲みます。
お腹が空いても炭水化物が主食となるものは平日の夜は食べません。
ほとんどおかずとお酒だけとなります。

休日も夜は必ずお酒を飲むので、そこまでにお腹を空かせる目的で基本2食だけとなり、朝かお昼を抜きます。

なぜこの様な内容になったかと言いますと、お酒の席が続いたり、休日に家族で出かけたりすると、いつもとは違う食事内容や時間帯となるので直ぐに体重は増えてしまいます。

ですので平日はできる範囲で節制して、休日やお酒の席では食べてもいいような体重をキープしています。

一番は無理なく続けられる方法が大切で「これをするとすぐに痩せる!」という謳い文句に乗らずに、自分だけでも続けられる内容を見つけることだと思います。

究極は食べる欲求に勝つことが一番な近道ですが…

お金のかからないニキビ予防、対策法

最近では男性女性問わずに美容商品が山ほど出ています。しかもネットを開けば○○日で綺麗な肌になんてものよく見かけます。確かに高級な化粧品には安物の商品に比べて肌に良いものがh入っています。しかし肌そのものの構造を理解すればさほど効果は変わりまっせん。そのご紹介をしたいと思います。

私がいう化粧水や乳液、なんでも良いです。強いて言えば無添加のもや刺激が強くないものをお勧めします。http://www.arswr2018.org/

まず一つは洗顔やクレンジングの際にゴシゴシ洗っている方です。これは肌の表面のバリアを自分で破壊して肌が汚れやすくしているようなもの。ですのでこれを読んだかたはすぐにやめて優しくさする程度にしましょう。これだけでもニキビの出来やすさはだいぶ変わります。次に化粧水をするのですがこれも塗り込むのではなく優しく肌に押し付けるようにしましょう。

塗り込んだり肌を叩いたりしてつけると洗顔後のバリアが薄くなっている肌に刺激が強すぎて肌が傷つきます。最後に乳液ですがこれも化粧水と同様に必ず押し付けるようにしましょう。さらに時間をかけられる方はコットンに染み込ませて肌にペタペテつけて5分くらい放置しましょう。

これは肌にしっかりと水分が染み込み肌の機能を回復してくれます。是非一度おためしください

皮膚科でもらえるニキビの薬、「べピオゲル」について

皮膚科で処方されるべピオゲルの効果、副作用などについてお話しします!

ニキビに悩んでいる方、副作用が出てしまっている方の助けになれましたら幸いです。

アスハダを3ヶ月間使った効果と口コミ評価!

私はファンデーションなしでも綺麗なお肌を目指していて

洗顔は泡で、肌をこすらない、しっかり保湿、枕カバーは毎日変える、栄養バランスの良い食事と十分な睡眠など、基本的なことは全て実行していました。

しかし肌の調子は一定以上にはよくならず万策が尽きたように感じていました。

「皮膚科に行く」という選択肢はずっと頭の片隅にあったものの、病院に行くには些細な悩みすぎるのではないかと、決心できずにいました。

しかしどうしても我慢できず、肌が綺麗な人はトラブルが起きたらすぐ皮膚科にいくとも耳にして、行ってみることにしました。

診療してもらったのは地元の美容皮膚科で、簡単な診察と説明を受けて処方されたのがべピオゲルと保湿クリームでした。

べピオゲルの効能としては

・ピーリング作用によって、皮脂のつまりによるニキビを防ぐ

というものでした。

結論から言うと、べピオゲルの効果がすごい!!

何をしても無くならなかった小さなニキビたちが綺麗になくなり、つるんとしたお肌になりました。

ただ、使い始めに辛かったのが副作用で…。

副作用はもちろん人それぞれだと思いますが、私の場合は

・赤み

・腫れ

・乾燥

・ヒリヒリ感

がすごかったです!

塗った日の夜から「なんかヒリヒリするな」と思っていたのですが、翌日から顔が火照ってヒリヒリしてすごく驚きました。

怖くなってネットでたくさん調べてところ、保湿をしっかりすることで副作用が軽減される、徐々に肌が慣れて副作用はなくなる、慣れないこともある、と言うことがわかりました。

慣れないこともあるのね…という想いが一番大きかったですが、ひとまず徹底的に保湿して、使い続けてみると3、4日は赤みが出ていましたが、だんだん引いてきて問題なくぬれるようになりました。

もう1点大切なのが、効果が出るまでの期間です。

皮膚科の先生からもなんども言われたのが「3ヶ月は使い続けないと効果は出ない」ということ。

長い!!と思いましたが先生を信じるしかないので頑張ったところ、ニキビがなくなっていきました。

副作用には驚くし、塗り続けなければならないというハードルはありますが、そこを乗り越えればしっかり効果が出ましたので、皮膚科、ベピオゲル使用中の方は頑張ってみてください!

ケトジェニックダイエットで痩せました

ケトジェニックダイエットが話題になっています。

このダイエットは、主に糖質を摂らず、その代わり脂質やタンパク質をしっかりと摂っていきます。

そのため、ダイエット中は敬遠しがちな、脂身の多いお肉などがたくさん食べられるのです。

グラマラスパッツには副作用がある?

糖質を摂らなくなると、体の中でケトン体というものが作られ、それがエネルギーを消費してくれます。

主に脂肪を燃焼させてくれるので、食べても痩せていくという仕組みです。

糖質の代わりに、脂質の多い食べ物を食べるため、ほとんどお腹がすきません。

ダイエット中は、空腹感との戦いになることがほとんどですが、ケトジェニックダイエットでは空腹感が起こりにくいです。

ここで、私がケトジェニックダイエット中に食べていたものを紹介します。

肉、魚、卵、チーズなどです。

肉は、脂身の多いバラ肉やロースなども問題なく食べられます。

魚は、サバ、ブリ、イワシなどを食べていました。

また、卵やチーズなども糖質がほとんど含まれていないので食べられるのです。

ケトジェニックダイエットは、糖質さえ摂らなければ、どんなものでも食べてOKとなっています。

もちろん糖質が摂れないので、砂糖を使ったお菓子やジュースなどは飲めません。

さらに注意点として、調味料にも注意しましょう。

醤油やポン酢、塩、マヨネーズなどは大丈夫ですが、ケチャップ、ソースなどは糖質が含まれているのでNGです。

野菜は葉物野菜なら食べられますが、カボチャ、芋、人参などは、糖質が高いので止めましょう。

糖質さえ抑えていれば、ストレスなく食生活が送れるので、メリットもたくさんあります。

私は、このダイエットをして1カ月で5㎏の減量に成功しています。

気になった方は、ぜひ、ケトジェニックダイエットを試してみてください。

きっと、スルスルと痩せて驚くはずです。

私が9キロ痩せた方法

私は現在ダイエット中ですが、学生時代は身長153センチで体重は60キロくらいありました。

現在は体重51キロ前後でマイナス9キロのダイエットに成功しました。取り組んだ方法は、食事改善、ウォーキングや筋トレなどの運動、痩身エステです。

まず食事改善を行いました。以前は、食べる量は少ないものの、割とジャンクフードや丼物やスナック菓子などの高カロリーな物を好んで食べていました。食べる食材を温野菜や豆腐や納豆、魚などヘルシーな食材に変更し、夜8時以降は食べないようにしまし、間食は控えました。

食生活を変えることで5キロほど割とスムーズに体重を落とすことに成功しました。

運動に関しては、毎日一駅分30分歩いて通勤しました。運動する習慣がなかったので初めは辛かったですが、毎日続けていくうちに、8000歩を目標にしていたので達成感を味わえるのが面白くなり、じんわり汗をかくのも心地よくなっていきました。また、寝る前に腹筋を50回とストレッチをしていました。腹筋は毎日続けるのは難しかったのですが、疲れた日や眠い日でもとりあえず、1回はする!とハードルを低く設定して取り組むことで、継続することができました。

痩身エステでは、骨盤の歪みを整えてもらったり、マッサージをしてもらったり、食事のアドバイスをもらってサポートしてもらいました。やっぱり誰かに管理してもらうことで頑張ろうと思えました。

時間はかかりますが、今のところリバウンドなしで成功しています!あとマイナス5キロ目指して頑張ります!

ダイエット、それは自分と向き合う事

もともと、ぽっちゃり系で自分に甘い私は、ダイエットをしても長続きしない。

すぐに、また明日から、というのが口癖。一番短いもので1日。しかも、りんごダイエットで1日中、りんごしか食べないというもの。

実質的に続くわけない。次にやったのは、朝バナナダイエット。朝、バナナを食べるだけで、痩せるならと飛びついた。でも、もともと朝は食べない習慣だったせいか、体重はあまり変わらず、バナナもあまり好きではないため、すぐに飽きてしまった。

やっぱり、食事制限には、無理があると気づき、始めた運動。夏も近くて、すっかり暑くなったせいもあり、近くのジムのプール会員になりました。暑い夏の間は、プールで泳ぐことも気持ちよく、との珍しいのもあり、夏の間は続いた。

そして、初めてひと月足らずで、6キロ落ちた。体重が落ちると、嬉しい。服もワンサイズ違うし、何より自信になる。でも、夏が過ぎ、寒さが増す冬に差し掛かる頃には、水泳やめてしまった。

週に3回は通っていたのに。そして、年が開ける頃には、なんとリバウンド、6キロ痩せて、8キロ戻った。こうして、ダイエットとリバウンドを繰り返し、体重は一年で数キロ単位で増えていき、体重はマックス84キロ。もう、デブと言われても仕方ない、領域だった。甘いものわ油もの、お酒、大好き。食べること大好き、怠けること大好き。そんな自堕落な私に突然、ばちがあたった。

ある朝、起きたら、左のみぞおちが痛い。病院に行くと、急性膵炎と診断され、即入院。二週間ほど、絶食させられ、5キロくらい痩せた。そして、食事制限をさせられた。さすがの私もあの痛みに懲りていたので、しばらくは食生活に気をつけ、体重も15キロマイナスとなった。

が、ストレスを溜めると、食に走ってしまい、暴飲暴食の二の舞。またまた、体重はマックス84キロ。そして、再び膵炎に。どうやら体質的に84キロになると、膵炎を起こすらしいと。このまま行くとやばいと思い、心入れ替えて、食生活を変えました。糖質、炭水化物は控えめに、野菜と魚中心の生活、お酒はやめる。甘いものも週に一度だけ。

油ものは、膵臓に悪いので極力避けました。膵臓に優しい、膵臓のための食生活。体重はそれだけで、10キロ痩せた。毎日、朝、晩二回体重計に乗ることを日課とした。駅まで、歩いた。そして、ホットヨガを始めた。

月に一度、新しい服を買うことにした。そしたら、体重は18キロ痩せ、今ではキープ出来ています。体重計に乗り、自分と向き合うことで、自分を甘やかさない、ダイエットに成功。綺麗になれたのでオシャレも楽しくて、自分に自信を持つことができました。

やっと成功したダイエット方法。

初めまして。39歳男性会社員の既婚者です。私は今までダイエットをするにあたり運動をすれば必ず痩せると思い込んでいました。

毎日歩いたり、ダンベルで筋トレしたりといったことを行いましたが、効果はまるでなしでした。当時は85キロで目標は70キロ以下を目標にしてました。全然効果がなかったのでやっても面白くなかったです。そして、食生活を変更しようと食べるものを変えました。

今までは昼食と晩御飯の2食生活でした。今もそのスタイルで食事内容を変化させました。昼食をサラダのみとし、晩御飯をごはん抜きのおかずのみとした食生活にしました。プラスで2日に1回は筋トレを行う。そして毎日ホエイプロテインを摂取するといった内容です。結論ですが、1カ月で68キロまでおちました。

そして食生活を昼食はサラダスパゲティとして晩御飯は普通に食べる。お菓子も食べる。といった生活を現在送っていますが、結論は半年たった現在も68キロをキープしてます。ダイエットに必要なのは生活習慣の変更をしてそれがライフスタイルになるまで行うという習慣の改善との戦いが必要になります。しかし、固く考えずに日々楽しみながら行っていれば必ず体は変化します。

フィットネスジムに通ってダイエット

ダイエットをせずにこのままの状態が続くと、生活習慣病になると私が言われたのは、まだ若い15歳で高校に入学したばかりのときでした。

私が入学した高校は、地元では進学校としてけっこう有名なところで、毎年のように東大や京大に何人も合格者を出しているほどです。

しかしそうした高校に入学するために、一定以上の勉強量を確保しなければならず、勉強が嫌いな私には大きなストレスになっていました。

ストレスは肥満の原因になるとよく言いますが、私にはぴったりの言葉で、たった1年間で15キロも体重が増えたのです。

そうした状況で動き出したのが母で、母は私を近くのフィットネスジムに半強制的に通わせました。

フィットネスジムは私にとって、中高年の人が通うところだと思っていたので、私は通いたくなかったのです。

ところが実際に通い出すと、若い人もかなり通っていて、同じようにダイエットを目的にしている数人とも親しくなりました。

するとお互いに競争意識が芽生えだして、私は積極的にフィットネスジムでトレーニングをするようになりました。

またそのフィットネスジムでは、ダイエットに効果的な食事指導もしてくれたので、それも取り入れるようになりました。

結局はフィットネスジムに6か月通っただけで、私の体重は10キロ減っていたので、その効果の高さに驚いています。