ダイエット、それは自分と向き合う事

もともと、ぽっちゃり系で自分に甘い私は、ダイエットをしても長続きしない。

すぐに、また明日から、というのが口癖。一番短いもので1日。しかも、りんごダイエットで1日中、りんごしか食べないというもの。

実質的に続くわけない。次にやったのは、朝バナナダイエット。朝、バナナを食べるだけで、痩せるならと飛びついた。でも、もともと朝は食べない習慣だったせいか、体重はあまり変わらず、バナナもあまり好きではないため、すぐに飽きてしまった。

やっぱり、食事制限には、無理があると気づき、始めた運動。夏も近くて、すっかり暑くなったせいもあり、近くのジムのプール会員になりました。暑い夏の間は、プールで泳ぐことも気持ちよく、との珍しいのもあり、夏の間は続いた。

そして、初めてひと月足らずで、6キロ落ちた。体重が落ちると、嬉しい。服もワンサイズ違うし、何より自信になる。でも、夏が過ぎ、寒さが増す冬に差し掛かる頃には、水泳やめてしまった。

週に3回は通っていたのに。そして、年が開ける頃には、なんとリバウンド、6キロ痩せて、8キロ戻った。こうして、ダイエットとリバウンドを繰り返し、体重は一年で数キロ単位で増えていき、体重はマックス84キロ。もう、デブと言われても仕方ない、領域だった。甘いものわ油もの、お酒、大好き。食べること大好き、怠けること大好き。そんな自堕落な私に突然、ばちがあたった。

ある朝、起きたら、左のみぞおちが痛い。病院に行くと、急性膵炎と診断され、即入院。二週間ほど、絶食させられ、5キロくらい痩せた。そして、食事制限をさせられた。さすがの私もあの痛みに懲りていたので、しばらくは食生活に気をつけ、体重も15キロマイナスとなった。

が、ストレスを溜めると、食に走ってしまい、暴飲暴食の二の舞。またまた、体重はマックス84キロ。そして、再び膵炎に。どうやら体質的に84キロになると、膵炎を起こすらしいと。このまま行くとやばいと思い、心入れ替えて、食生活を変えました。糖質、炭水化物は控えめに、野菜と魚中心の生活、お酒はやめる。甘いものも週に一度だけ。

油ものは、膵臓に悪いので極力避けました。膵臓に優しい、膵臓のための食生活。体重はそれだけで、10キロ痩せた。毎日、朝、晩二回体重計に乗ることを日課とした。駅まで、歩いた。そして、ホットヨガを始めた。

月に一度、新しい服を買うことにした。そしたら、体重は18キロ痩せ、今ではキープ出来ています。体重計に乗り、自分と向き合うことで、自分を甘やかさない、ダイエットに成功。綺麗になれたのでオシャレも楽しくて、自分に自信を持つことができました。