肌の老化とお米不足の関係

年齢を重ねることでお肌のハリは少しずつ失われていきます。その結果、シミやくすみという悩みも生じてやすくなりますが、紫外線のケアやスキンケアといったいわゆる化粧品などを使った外側からのお手入れだけではく、日々の食生活によって体の内側から改善を目指すことの方がずっと重要です。毎日の食生活の中でお肌の素になってくれる栄養をしっかり摂る意識を持つだけでも大いに改善につながります。

ちゅらかなさの評判!

お肌の状態は「何を食べるか」によって全然違います。そこで知っておきたいのが、お肌を素になるの基本は「たんぱく質」ということです。コラーゲンがお肌にとってプラスになることはよく知られていますが、このコラーゲンもたんぱく質の一部です。

お肉やお魚、大豆といった日々のおかずをしっかりと食べることでたんぱく質不足にならないように心がけることはとても大切です。そして、お米にもたんぱく質が含まれている点もぜひ覚えておきたいところです。お茶碗で1杯程度のご飯には大豆と同じ種類の植物性たんぱく質が4グラム以上も含まれています。ダイエットのためにお米を抜いて糖質制限をし過ぎると肌荒れの原因にもなるため、お米を避けるダイエットが原因になっている方も少なくありません。