年齢を重ねると山姥になりがちです。

年を取ると髪が細くなり、うねるなんて知りませんでした。異変に気付いたのは四十代前半。私は髪が長めなのですが、抜け毛の一本をつまんで「ん?」となりました。エメリルヘアオイルの効果

それまでストンと落ちていた髪の毛が、緩く弧を描いています。たまたま、と思ったらそれ以後生えてくる髪はみんなCの字に近い。結果として緩やかなウエーブがつきました。義母に、「三つ編みパーマしたのかい?」と聞かれるほど。

ここまでは得意になれました。しかしそんなに甘くない。次第に髪の毛自体が細くなり、中には細くなったり太くなったりを繰り返して凸凹に、結果としてぴよーんと飛び出る髪の毛が多くなったのです。

これってつまり、おくれ毛を垂らしても素直に垂れない。後ろで結んでもなんかモアッとした感じになる。おくれ毛は若い人限定だったのか、と気づきました。

そして乾燥しがちになったのもあり、山姥みたいに。前髪があるのですが、それが素直に降りなくなるのです。なんかフワンと浮いた感じ。黒髪のおかっぱって幼女のイメージがありますが、なるほど幼女にしかできないんだ、と納得した次第です。

さてどうするか。髪型を変える、パーマをあてる、シャンプーやコンディショナーを探す、整髪料やブローをきちんとする。やることは色々とあります。山姥回避のために。若いころとは違う課題が下りてきたな、と思いました。