口の中の臭さというのは

口の中の臭さというのは自分ではなかなかわかりにくいものですし、意外と人間関係に影響することもあります。臭いというのはそれだけデメリットがあるわけです。人の臭さというのは実に分かりやすいものですが、注意したくてもしにくいので我慢してる人も多いはずです。

ブレスマイルウォッシュ

しかし反対に知らず知らずのうちに人に迷惑をかけている可能性もあるわけです。ですから口の中の臭さというのがどういう感じで発生しているのかということを理解しておきましょう。まず、口臭の原因の87%が口の中にあります。それは一体なんであるのか、といえば剥がれ落ちた粘膜とかです。或いは食べかすなどもそうです。

こうしたもののたんぱく質が口の中の雑菌などによって分解されることになり、そして、それが強烈な臭いを発するということになります。

これはどのように改善できるのか、といいますとそんなに難しい話ではないです。簡単に言えば歯磨きをする、ということで改善できることになります。歯磨きをすることによって、そうしたことができるようになります。歯磨きですが歯と歯の間をしっかりとブラシをかけるようにしましょう。それこそがまさに重要なことであるといえるでしょう。歯間ブラシは必須です。

自分の口臭をチェックする簡単で割と確実な方法

・話しかけると距離を取られているのが分かる。

・人に口の臭いを指摘されてしまった。

なんてことがあると、今まで自分の口の臭いなんて気にしたことが無かったとしても、気になって仕方ありません。

口臭ケアのアイテムも様々ありますが、自分に合ったものを探すためにも、実際にどのくらい臭いのかご自身でチェックしてみることが大切です。

●口臭をセルフチェックする3つの方法

それでは、自分で自分の口臭をチェックする簡単な方法をいくつか挙げてみましょう。

1、ビニール袋などに息を吹き込んで自分で嗅いでみる。

他の人があなたの口臭を嗅いだときのニオイを再現できるのでよくわかると思います。

2、唾液を指やスプーンに出して嗅いでみる。

唾液が臭いと、それが乾燥して口臭の原因となります。

http://www.suisaniwakawa.jp/

3、市販の口臭チェッカーを使う。

ニオイの感じ方には個人差があるので、客観的に数値化してくれるアイテムもおすすめです。

●口臭の原因

口臭の原因は殆どの場合が口内に発生するバクテリアによるものだと言われています。

唾液が不足するとバクテリアが繁殖しやすくなるので、寝起きは口が臭いというのも唾液の分泌量が少なくなっているからにほかなりません。

他にも、虫歯や歯周病、喫煙習慣で口腔内の衛生環境が悪い人は口臭が強くなります。

※ニンニクや飲酒などでもお口が臭くなりますが、これは時間の経過とともにおさまります。

●まとめ

まずは、自分の口臭をチェックして、歯磨きや舌のお掃除など、口内の衛生環境を清潔に保つように心がけることが予防に繋がります。